> コラム > 太陽電池モジュールの国内生産量、前年同期比7%増

太陽電池モジュールの国内生産量、前年同期比7%増

太陽光発電協会(JPEA/東京都港区)は8月30日、日本における2017年度第1四半期(2017年4月~6月)の太陽電池出荷量を発表した。

太陽電池モジュールの国内出荷量は、前年同期比7%増の1,263MWで、9四半期ぶりに前年同期を上回った。住宅用途は前年同期比8%減であったが、出荷量の8割強を占める非住宅が前年同期比10%増と堅調で、全体としては前年同期を上回った。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 74 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.