> コラム > 日本市場の今後は?太陽光発電システム市場の動向と展望

日本市場の今後は?太陽光発電システム市場の動向と展望

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

今や日常的に目にする・耳にするようになったエネルギー源のひとつ、「太陽光発電」。世界的なブームになりつつあるが、そのきっかけのひとつを作ったのは、日本市場である。かつては、補助金制度による住宅用太陽光発電システム市場の成長があり、併せて海外市場の開拓も進められ、国内外で一定の認知度を獲得した。

その後の爆発的な普及の原動力になったのは、「FIT 制度」(Feed-in Tariff、固定価格買取制度、2012年7月スタート)であり、先行していたヨーロッパの事例にならって導入したものだった。

(※全文:2100文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事の著者

大東威司氏(おおひがし・たかし)
大東威司氏(おおひがし・たかし)
株式会社資源総合システム
太陽光発電事業支援部 社長補佐 担当部長
上席研究員
 印刷 記事を保存

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.