> コラム > 住宅用ニーズが鍛えた技術力とネットワークで価値ある製品を(前編)

住宅用ニーズが鍛えた技術力とネットワークで価値ある製品を(前編)

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

1918年の創業以来、広範な領域で「メイド・イン・ジャパン」製品の高品質さを世界に知らしめてきたパナソニック。太陽 電池事業についても、常に顧客ニーズを見つめ業界を牽引してきた。産業用への需要が急伸するなか、堅調な事業展開を 進めてきた理由を、同社エナジーシステム事業部ソーラーシステムビジネスユニットユニット長の吉田和弘氏に聞た。

(※全文:2356文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

関連カテゴリ