> コラム > 日本のパイオニアが描く、太陽光が真のエネルギーインフラになる未来

日本のパイオニアが描く、太陽光が真のエネルギーインフラになる未来

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

京セラは1982年に多結晶シリコン電池の量産に、世界で初めて成功した企業だ。
その後、この技術は世界中で使われており、同社は言わずと知れた太陽光発電のパイオニアである。
同社の太陽光事業の歴史と守り続けている理念、そして世界が注目する今後の事業の見通しを聞いた。

(※全文:1206文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ