> コラム > 貧困層の生活をビジネスによってサポート ― グラミン・シャクティの取組

貧困層の生活をビジネスによってサポート ― グラミン・シャクティの取組

グラミン・シャクティは、バングラデシュの貧困層に電気などのエネルギーを、環境に配慮した形で届けることを目的に設立された非営利企業。母体はグラミン銀行で、創設者のムハマド・ユヌス氏は貧困層向け金融サービスにおいてノーベル平和賞を受賞したことでも有名。同社の社会的貢献及びビジネスモデルとは。

グラミン・グループの社会的企業

バングラデシュはアジアの新興国として急成長を続けている。所得水準は1971年の独立以来、低所得国として分類されていたが、2015年には低中所得国の仲間入りを果たし、一人あたりGDPは1,538ドル(2017年度、バングラデシュ統計局)である。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 94 %

この記事の著者

石坂貴美氏(いしざか・たかみ)
石坂 貴美(いしざか・たかみ)
青年海外協力隊員としてバングラデシュに赴任(2001-03年)。南アジアを中心にジェンダー、貧困層の金融包摂およびセーフティ・ネットを研究。日本福祉大学大学院(修士:開発学)、東京大学大学院(博士:国際貢献)、2017年より現職。

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.