PV稼働状況を左右する電気技術者不足

太陽光発電所の新たな危機 電気主任技術者が足りない!

電気事業法に基づき、自家用電気工作物の設置者は電気主任技術者を選任して保守管理業務を行う必要があるが、発電出力5千kW(5MW)以上、又は5万V以上の送電線に連系する設備は、第二種以上の電気主任技術者を選任することが必要となっている(「主任技術者制度の解釈及び運用(内規)」に基づき、常勤の派遣労働者又は設備の維持管理受託者が選任を行うことも認めている)。

太陽光発電(非住宅)電気主任技術士は、圧倒的に不足状態・危機的状況が続く
太陽光発電(非住宅)電気主任技術士は、圧倒的に不足状態・危機的状況が続く

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報