> コラム > グローバル企業の環境・省エネ対策、太陽光発電の自産自家消費が加速

グローバル企業の環境・省エネ対策、太陽光発電の自産自家消費が加速

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

経常利益一辺倒の企業価値から持続可能な企業(事業)体質に生まれ変わろうとしている

パリ協定は新たなスタートを切ったが、各国の具体的な取り組みは不可実なままである。2050年までの環境長期目標を作る企業が増えており、リコー、富士通、パナソニックなどが続々と公表しはじめた。

内容も、二酸化炭素(CO2)排出量ゼロを宣言する意欲的な目標が目立っている。規制が厳しくなる将来への危機感や、持続的に成長する企業を支援したい投資家からの要請が、高い目標設定に慎重だった日本企業の経営戦略にクサビが打ち込まれたかたちである。

売り上げ最優先の企業価値、企業経営から、ステークホルダーに評価される企業体質へと変わってきたといってよい。

(※全文:1349文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.