> コラム > サプライチェーン排出量〈スコープ3排出量〉重視の動き広まる

サプライチェーン排出量〈スコープ3排出量〉重視の動き広まる

世界が脱炭素に向け大きく舵を切るなか、SBT(企業版2℃目標)やRE100(100%再エネ導入)に積極的に取り組む企業が増えている。一方で、サプライチェーン排出量については、自社で直接排出するスコープ1、2に加え、スコープ3が注目されるようになっている。サプライチェーン全体の温室効果ガス排出量の算定に取り組むジェネックスに、その背景や目的を聞いた。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 93 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.