> コラム > 2030年度までに最終エネルギー需要を対策前比で13%削減する必要がある(前編)

2030年度までに最終エネルギー需要を対策前比で13%削減する必要がある(前編)

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

2030年時点のエネルギーミックスの目標を引き続き掲げるためには、ゼロエミッション電源(原子力、再生可能ネルギー)の拡大を阻害するボトルネックの解消に重点を置く必要がある。

(※全文:1998文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.