> コラム > 安全性と経済性の確保のため太陽光発電システム設計ガイドラインを策定

安全性と経済性の確保のため太陽光発電システム設計ガイドラインを策定

環境ビジネス編集部

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

地上設置型太陽光発電システムの導入または改修を検討している事業者などに、自然災害や経年劣化に対して安全性と経済性が高い太陽光発電システムの設計に、広く用いられ、高い構造安全性が確保されることを目指す。

安全性と経済性を確保する

NEDOと太陽光発電協会、奥地建産は、自然災害や経年劣化に対して安全性と経済性が高い太陽光発電システムの架台・基礎の設計基準となる「地上設置型太陽光発電システムの設計ガイドライン2017年版」および「地上設置型太陽光発電システムの構造設計例」を策定しました。

(※全文:2456文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

 印刷 記事を保存

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.