> コラム > 省エネ・時短に貢献、「ハイパーループ」時代がすぐそこに

省エネ・時短に貢献、「ハイパーループ」時代がすぐそこに

最高時速1,200㎞の超高速鉄道「ハイパーループ」の研究が急ピッチで進んでいる。何時間もかかる移動があっという間になり、省エネで環境に貢献できる点でも、実用化を夢見る人は少なくない。先駆者のアメリカに続けと、他国でも試行錯誤が続いている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 98 %

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.