SDGs視点で中学受験に挑む学習塾が考える これからの教育とは

  • 印刷
  • 共有

「シカクいアタマをマルくする。」をキャッチコピーに、中学受験に特化した学習塾・日能研。同社は教育産業のなかでもいち早くSDGsに注目し、SDGsの視点で私立中学の特色や入試問題の分析を行っている。SDGsの視点でみる教育産業・私学教育の現状とこれからを、代表の高木 幹夫氏に聞いた。

学校選びの判断軸はタテからヨコへ

高木幹夫 Mikio Takagi
日能研
代表 高木 幹夫氏

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報