> コラム > デザイン思考で地域問題を解決 富山大学SDGs推進への取り組み

デザイン思考で地域問題を解決 富山大学SDGs推進への取り組み

富山大学は昨年春に都市デザイン学部を設立した。学際融合教育を積極的に行い、SDGsを核としながら、持続可能な地域づくりのための人材育成が行われる。学修フィールドの中心となるのは、公共交通を核とした拠点集中型のコンパクトなまちづくりが、国際的にも評価されている富山県富山市。富山の歴史や文化の独自性を踏まえながら「デザイン思考」のプロセスを踏んで地域の課題を見つけベストな解決策を見出す力が養われている。時代の急速な変化にどう挑むのか。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 95 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.