組織を強くし社会に働きかける 環境経営におけるメタ経営視点の有効性とは?

先行組織の後を追うことではなく、環境保護への取り組みなどを組織の経営に内在化し、他社に追随できない形で事業を展開する。日本企業の環境経営に求められるのは、社会への働きかけを可能にするメタ経営の視点だ。

SDGsをはじめとする、環境に関する新たな社会的価値を経営に取り入れるためにはどうすればよいか。そのヒントとなるのが、「メタ経営」の考え方である。本稿では、「メタ経営」の視点から組織を見直すことで他社をリードし、積極的な環境保護への取り組みが自社の存在感を高める可能性について考えてみたい。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報