> コラム > 環境省、家庭に関する最新データを発表 戸建での太陽光発電の普及率は?

環境省、家庭に関する最新データを発表 戸建での太陽光発電の普及率は?

家庭部門の詳細なCO2排出実態などを把握することで、地球温暖化対策の企画・立案に役立てようと、環境省では2017年度から「家庭部門のCO2排出実態統計調査」を実施している。9月末に発表された2018年度調査の結果(速報値)では、1世帯あたりの年間CO2排出量は3.04 t-CO2と、前年度から5%減少した。電気の使用によるCO2排出量がエネルギー種別で最大の68.8%(都市ガス13.2%、LPガス5.6%、灯油12.2%)を占めていた。

この調査では二重サッシや複層ガラスの窓の有無等の住宅属性や、冷蔵庫、照明等の機器の使用状況も調査している。これらとCO2排出量との詳細な要因分析は、年度内に公表を予定している「確報値」で行う予定だ。

(※全文:1674文字 画像:あり)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.