> コラム > 石炭火力からの『投資撤退』が日本上陸 企業は何をすべきか

石炭火力からの『投資撤退』が日本上陸 企業は何をすべきか

再エネ導入、普及は何のために進めるのか、これらに携わる人たちはどのような行動すれば良いのか。電力工学や経済学の視点から再生可能エネルギーの普及・促進策を研究する京都大学 大学院経済研究科安田氏が、過去2回にわたり「再エネ普及の経済的意義と企業に求められる行動」(第1回)「CO2削減だけでない 再エネ『便益』とは?」(第2回)をテーマに解説してきた。最終回は日本にも上陸しつつある『投資撤退』について。世界の潮流を踏まえ、日本がどのように進んでいくべきかを紹介する。

再エネ導入に向けて求められる具体的な行動

世界では、川下の一般消費者からは環境倫理が、川上の投資家・株主からはSDGsやESG投資など高い要求が出されつつある。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 79 %

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.