> コラム > NTT、6千億円を投じ自社再エネ送電網を整備

NTT、6千億円を投じ自社再エネ送電網を整備

NTTが2020年度から6千億円程度を投じ、電力発電や送配電網の 整備に乗り出す。全国に約7,300箇所ある電話局に設置した 蓄電池やグループ会社の再エネ電力の供給源を束ね、 緊急時や電力需給に応じて商業施設、事業所や工場、病院などに供給する。

024043-2

NTT東日本 本社社屋/Wikipediaより TNクロス/NTTグループおよび東電グループが保有する通信ビル や電力設備、AIをはじめとしたICT等を活用し、脱炭素化、BCP・ エコ等の新たな基盤サービスを軸としつつ、次世代のエネルギーソ リューションを行う(2018年設立)


NTTは、全国に約7,300箇所ある 自社施設(電話局)に、エネルギー事業 を担うTNクロスが、来年度から2025 年度にかけて蓄電池を配備し、地域内 の工場などと結ぶ送電網も整えていく。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 75 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.