> コラム > 伝統的なマス・コミュニケーション理論からみる 情報社会の炎上現象

伝統的なマス・コミュニケーション理論からみる 情報社会の炎上現象

インフルエンサーやまとめサイトに姿を変えた現代型オピニオン・リーダー

炎上に巻き込まれ、対応を誤った場合には、組織や事業の存在自体を否定されることにも繋がる。炎上の初期段階では声の大きい一部の人々が騒いでいたことが、沈黙の螺旋構造のなかで、いつしか現実世界の世論となって襲いかかる。

024102-3

コアでない問題がコアとなる事業に影響を与える

現代の情報社会を特徴付ける言葉のひとつが「炎上」である。炎上の定義は文脈や研究者によって様々だが、おおむね「現実世界ないしインターネットにおける行為や発言等に第三者からの批判が殺到し、インターネット上で行為者・発言者がつるし上げられる現象」といった形で説明されている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 89 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.