> コラム > コミュニケーションの受け手から考える 『SDGs経営』のアピール施策

コミュニケーションの受け手から考える 『SDGs経営』のアピール施策

「SDGsに取り組んでいる」旨の主張をするときに注意すべき事柄とは─。
投資家やビジネスパートナーは「SDGsへの対応状況」というレンズを通して企業の現状や将来性を見ている。

SDGsをはじめとする新たな社会的価値が「経営マター」になったといわれて久しい。このことはすなわち、それ自体の正しさや有効性はさておき、それに対応しないことで「本当にやりたい事業ができなくなる」危険性や、それによって当該企業が調達先から外されるリスクを負うことになり、それが一般に認知されつつあることを意味している。

現代の企業組織は、不確実性や流動性が高まる社会のなかで、ある企業が現状や将来を見通し、必要な施策を柔軟に打ち出すことができるかという点、言い換えれば組織のレジリエンスを、「SDGsへの対応状況」というレンズを通して見られているのである。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 89 %

この記事の著者

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.