> コラム > 一般照明用高圧水銀ランプの製造・輸出入が21年以降禁止 廃棄には注意を

一般照明用高圧水銀ランプの製造・輸出入が21年以降禁止 廃棄には注意を

水銀灯の廃棄には注意が必要

水俣条約のため2020年12月31日から、一般照明用の高圧水銀ランプの製造をはじめ輸出、輸入ができなくなる。
同時に、廃棄に関しても高いハードルがあり、自由に捨てることができない状態だ。
水銀灯をはじめとした水銀使用製品の現状とこれからについてレポートする。

水俣条約が制定され、 水銀を使用しない世界へ

2013年に水銀汚染防止に関する条約「水銀に関する水俣条約」が日本で締結。これは、水銀の採掘から貿易・使用・排出・放出・廃棄等に至るライフサイクル全体を包括的に規制するものだ。水銀は揮発しやすく、分解されることなく環境中に蓄積する上、水銀・水銀化合物には神経毒性を有するものまであり、人の健康に大きな被害を及ぼす可能性がある。そのため水俣条約の的確かつ円滑な実施を確保するために2017年水俣条約の発効を受け「水銀汚染防止法」が施行、水銀を含んだ製品の製造や輸出、廃棄処理などについてルールが設けられるようになった。以後、一部の電池や蛍光ランプ、電気制御用のスイッチ及びリレー、水銀体温計、水銀式血圧計等の水銀使用製品産業廃棄物、そして水銀含有ばいじん等・水銀を含む特別管理産業廃棄物、さらに廃水銀等に関して「業の許可証」や「保管」「処理の委託」などについて新たな措置が必要となっている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 66 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.