> コラム > 「ZEBは作って終わりではない」 運用段階でのさらなる低炭素改善に自信

「ZEBは作って終わりではない」 運用段階でのさらなる低炭素改善に自信

総合設備エンジニアリング会社として省エネ技術の開発を進めてきたダイダンは、空気や電気、 水を最適にデザインしコントロールする、エネルギーのスマート化に取り組んできた。
快適で経済的なZEBを実現する最新技術と、ZEBへの取り組みの歴史を聞いた。

最先端の『省・創・蓄』エネルギー技術

経済産業省のエネルギー基本計画では、オフィスやビル、病院などの建物について2020年までに新築公共建物等で、2030年までに新築建築物の平均でZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)を実現することを目指すという目標が設定されている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 91 %

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.