企業の再エネ電力供給を担うカギは 豊富なFIT再エネ電源の利用にある

  • 印刷
  • 共有

再エネ電力のニーズが拡大する中で、再エネ電力の供給量が不足するのではないか。実はFIT制度によってできた再エネ電源による発電量は年間800億kWh超に達している。今後、再エネの持続的な普及拡大を進めるためには、FITに頼らない再エネ普及も必要になる。企業が電源と直接契約して再エネを調達するスキームなどが始まる。

多様な再エネ需要の急増に供給側は対応できそうか需要家の選択肢は

世界のESG投資の統計を集計しているGSIAの最新の報告によれば、2018年の日本におけるESG投資資産額は2兆ドルを超え、2016年から実に4倍以上に増えている。企業経営者は投資家、取引先、さらには顧客からも環境経営へのコミットを求められている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報