> コラム > 「地域資源」としての再エネを最大限活用、効果を加速・最大化

「地域資源」としての再エネを最大限活用、効果を加速・最大化

どの地域にも多種多様な再エネ資源が存在している。
我が国全体で、エネルギー需要の最大約1.8倍の供給力(1.8兆kWh)がある。

環境省では、2018年3月に「環境省 再エネ加速化・最大化促進プログラム2018年版」を公表し、地域を主体とする再エネ活用を促進している。

地域の資源である再エネ利活用の効果を加速化・最大化させるために、地域の企業・自治体・消費者が自ら担い手となって主体的に取り組み、地域ごとに異なる資源が循環する自立・分散型の社会を形成しようとするもの。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 88 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.