> コラム > ローカルSDGs-地域循環共生圏のビジネスパターンと成功要因とは?

ローカルSDGs-地域循環共生圏のビジネスパターンと成功要因とは?

環境省は環境・経済・社会の統合を図るSDGs実現に向けて、2020年度報告書「ローカルSDGs(地域循環共生圏)ビジネスの先進的事例とその進め方」を公表した。この報告書は、地域の資源を活かした自立分散型の持続可能な経済社会を担う今後のビジネスのヒントを取りまとめたもの。ローカルSDGsの実現に向けた4つのビジネスモデルと成功要因について、報告書から紹介する。

ローカルSDGs(地域循環共生圏)ビジネスとは

ローカルSDGs(地域循環共生圏)ビジネスとは、環境・経済・社会が統合的に循環し、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考え方であり、地域でのSDGsの実践を目指すもの。この実現に向けて新しい商品・サービスの開発に取り組む事業主体はさまざまな課題に直面するが、経済的に・ビジネスとして成立させている事例も存在する。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 87 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.