> コラム > なぜ!?一転休廃止へ『石炭火力発電所』

なぜ!?一転休廃止へ『石炭火力発電所』

脱炭素に本腰で舵をきった梶山経産相会見 実態は“再エネ+火力”でエネルギーミックスを目指す

低効率な石炭火力発電所、100基以上を休廃止へ

025578-2

写真(イメージ)/Wikimedia Commons 中部電力・碧南火力発電所(愛知県碧南市)2013年7月撮影

梶山弘志経済産業相は7月3日の閣議後記者会見で、エネルギー効率が低く二酸化炭素(CO2)排出量の多い石炭火力発電所の休廃止を段階的に進めることを表明した。今後、有識者会議を設置し、休廃止の具体策を検討する。2030年度までに低効率石炭火力発電所の約100基の休廃止を進める。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 96 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.