> コラム > 新たな「配電事業」 全国各地で多様なプレーヤーが参入へ(前編)

新たな「配電事業」 全国各地で多様なプレーヤーが参入へ(前編)

2022年度から新たに開始される「配電事業」制度。地域の再エネ資源を活かしながら、災害に対するレジリエンスを強化する、そのような狙いで今年の電気事業法改正により実現した制度である。

配電事業はその参入を容易にする仕組みが設けられており、今後全国各地で様々な配電事業が展開されると考えられる。配電事業を開始するには、どのような準備が必要となるのか見ていこう。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 92 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.