新たな「配電事業」 全国各地で多様なプレーヤーが参入へ(前編)

  • 印刷
  • 共有

2022年度から新たに開始される「配電事業」制度。地域の再エネ資源を活かしながら、災害に対するレジリエンスを強化する、そのような狙いで今年の電気事業法改正により実現した制度である。

配電事業はその参入を容易にする仕組みが設けられており、今後全国各地で様々な配電事業が展開されると考えられる。配電事業を開始するには、どのような準備が必要となるのか見ていこう。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報