> コラム > 太陽光発電所のリパワリング、いつやるべき? ターニングポイントを解説

太陽光発電所のリパワリング、いつやるべき? ターニングポイントを解説

アセットマネジメント(AM)兼オペレーション&メンテナンス(O&M)会社として2018年に設立したオリックス・リニューアブルエナジー・マネジメント。オリックスグループが保有する全国84カ所、446MW相当のメガソーラーのO&M業務を受託する。同社の戦略責任者・百合田和久氏に効果的なリパワリングについて聞いた。

026281-2

オリックス・リニューアブルエナジー・マネジメント戦略責任者

太陽光発電所の経年劣化とは何か

設備の経年劣化などにより落ちてしまった発電能力を回復させるリパワリング。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 92 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.