> コラム > 東京ガス 内田社長が語る、「CO2ネット・ゼロ」への挑戦(前編)

東京ガス 内田社長が語る、「CO2ネット・ゼロ」への挑戦(前編)

51年前、アラスカから日本初のLNGを導入した東京ガス。2019年11月に公表した経営ビジョン『Compass 2030』では、2030年までに1000万トン規模のCO2削減を掲げ、将来的にはCO2ネット・ゼロを目指す。
代表取締役社長の内田高史氏に、東京ガスの新ビジョンへの想い、実現への道筋、足元の取り組みなどを聞いた。

026282-002

東京ガス 代表取締役社長 内田 高史氏

若手社員の熱意を受け止めて...

1969年、東京ガスは日本で初めてLNGを導入した。LNG受入基地と環状幹線・海底幹線を建設、17年を費やし550万件もの顧客を訪問し、熱量変更を成し遂げた。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 80 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.