> コラム > ESG投資家が見た、企業が生き残るための最終的な「決め手」とは

ESG投資家が見た、企業が生き残るための最終的な「決め手」とは

新型コロナウイルスの感染拡大は、世界の経済活動に大きなインパクトを与えている。経済が落ち込む一方で人々の価値観や行動は大きく変わり、企業の在り方やビジネスモデルも大きく見直す時期がきている。ウイズコロナ、アフターコロナの時代を生き抜く企業に求められるものとは...。三井住友DSアセットマネジメントの藏本氏、齊藤氏に、資産運用会社としての視点を聞いた。

026329-3

藏本祐嗣 氏
三井住友DSアセットマネジメント
責任投資オフィサー

齊藤 太 氏
三井住友DSアセットマネジメント
責任投資推進室 上席推進役 シニアアナリスト

コロナ禍と世界の動き

新型コロナは人々の価値観や行動意識に大きな変化をもたらし、社会構造や経済にも大きな影響を与えている。こうした中、企業には、社会の変化への素早い適応力が試されている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 87 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.