欧州を中心にニーズが増加するリパワリング需要

大規模太陽光発電所を中心とした導入が進展している地域においては、リパワリング事業が活発化しつつある。日本でFIT(固定価格買取制度)が開始されたのは2012年。今後、国内においてリパワリングの事業機会が注目されていくと考えられる。本稿においてはリパワリングにフォーカスして、リパワリングの先進市場である欧州を中心にその動向について概説する。

リパワリングとリヴァンピングの違い

太陽光発電所のリパワリング(Repowering)とは、経年により劣化した主要部品を交換したり、新たな設備を追加することで出力を増強するなどして設備を強化し、出力を増加することである。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報