FIT・FIP太陽光発電設備、廃棄費用を外部積立開始へ(前編)

  • 印刷
  • 共有

2012年に開始したFIT制度により太陽光発電が爆発的に増加したが、発電事業の終了後、太陽光発電設備が放置・不法投棄されるのではないかといった懸念が生じている。

本来、太陽光発電設備の解体・撤去およびこれに伴い発生する廃棄物は、通常の廃棄物と同じく、発電事業者の責任として、廃棄物処理法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)に基づき適正に処理する必要がある。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報