> コラム > 伸び悩む営農型太陽光発電、その背景は?

伸び悩む営農型太陽光発電、その背景は?

売電による収入や発電電力の自家利用により、農業者の収入拡大による農業経営のさらなる規模拡大や6次産業化の推進が期待された。しかし、設備のための農地転用許可件数は年間300件程度にとどまっている。

伸び悩む営農型太陽光発電

再エネ主力電源化制度改革小委員会において、地域活用電源に関する制度検討に当たり、エネルギー分野以外の行政分野である、耕作放棄地の農地転用による営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)の取扱いが論点とされた。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 90 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.