> コラム > 太陽光発電「廃パネル」の処理問題 30年代後半には年50万~80万tにも

太陽光発電「廃パネル」の処理問題 30年代後半には年50万~80万tにも

2030年代後半には年間約50~80万トンの使用済み太陽光パネルが排出される見通しで、産業廃棄物の6%にも及ぶとの試算もある。小規模事業(10~50kW)の発電事業終了後の不法投棄や放置が危惧されている。一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)に業界の動向を聞いた。

太陽光発電設備の廃棄に伴って、排出されるものは、太陽電池モジュールをはじめとして、架台、配線類、パワーコンディショナーなどの周辺機器がある。

パワーコンディショナー等の周辺機器は太陽電池より耐用年数が短いので、これら周辺機器のみの排出・交換もあり、徐々に始まっている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 89 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.