> コラム > 「バイオプラスチック導入ロードマップ」まとまる 環境省

「バイオプラスチック導入ロードマップ」まとまる 環境省

環境省は11月17日、バイオプラスチック導入ロードマップ検討会の第3回会合を開き、事務局が示したロードマップ案について検討、合意した。今後、文言などの修正を経てパブリックコメントを実施する。

ロードマップ案では、バイオプラスチック導入の現状と課題や、持続可能なバイオプラスチック導入の方針と施策について整理。バイオプラスチックを導入する際の原則として(1)ワンウェイの容器包装・製品をはじめ、回避可能なプラスチックの使用を合理化し、無駄に使われる資源を徹底的に削減する、(2)バイオプラスチックの環境負荷低減効果等の価値を最大限活かす―の2点を掲げ、原料・供給・コストなど6つの観点から基本方針を策定した。

また、プラスチック製品領域毎の導入に適したバイオプラスチックをまとめた表などを公開した。

今後、ロードマップに沿ったバイオプラスチックの国内導入に向け、施策として示した予算・制度的対応を総合的に検討・実施していく。ここではロードマップ案の概要を紹介する。

そもそも、バイオマスプラスチックとは?

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 90 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.