> コラム > 住宅用太陽光市場は回復・拡大傾向 攻略のカギは「既築住宅市場」

住宅用太陽光市場は回復・拡大傾向 攻略のカギは「既築住宅市場」

新築住宅着工件数(95.3万件/2018年度)・一戸建新築数は今後着実に減少していく。市場は、「ローコスト住宅」と「大手ビルダーによる高級住宅」の二極化がより鮮明になり、太陽光発電システムにとって「新築住宅標準搭載市場」以上に「未搭載既築住宅市場」攻略が今後のカギとなる。

住宅用太陽光発電システム市場は拡大基調となり発展が望める

ここ数年、事業用太陽光発電システム(事業用PVS)の急拡大の影響を受け、住宅用太陽光発電システム(以下、住宅用PVS)市場は縮小気味の期間が続いた。

事業用PVSがポストFIT市場を模索するターニング・ポイントを迎え、住宅用PVS市場は、異種産業を含めた多くの企業が事業参入。拡大への取り組みを強化している。

今後、

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 89 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.