> コラム > バイオマス発電、FIT第三者認証スキーム追加へ 第9回WG(前編)

バイオマス発電、FIT第三者認証スキーム追加へ 第9回WG(前編)

バイオマス発電に関わる事業者や業界団体等からは、多くの新しい種類のバイオマス燃料をFITで認定してほしいという要望が相次いでいるため、新規燃料の持続可能性を判断する基準作りが求められている。

燃料の持続可能性の確認方法について専門的・技術的な検討をおこなう「バイオマス持続可能ワーキンググループ(WG)」は、第9回会合で、、GGL(PKS及びパームトランクが対象)をFIT制度の下で持続可能性を確認するための第三者認証スキームとして追加することを、調達価格等算定委員会に提案することとした。

第三者認証スキームの追加 

前回第8回のバイオマス持続可能WG(前編後編)では、2020年度時点では新たな第三者認証スキームを追加しないことと一旦判断されたが、第9回WGでそれが覆ることとなった。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 82 %

この記事の著者

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.