> コラム > 九州エリア再エネ、指定ルール事業者は一律制御へ 第28回系統WG(前編)

九州エリア再エネ、指定ルール事業者は一律制御へ 第28回系統WG(前編)

毎年初冬に開催される系統ワーキンググループ(WG)では、いわゆる「指定ルール事業者」に対する出力制御(抑制)の見通しが、各エリアの一般送配電事業者から公表されている。

中でも九州エリアでは、2021年度の旧ルール事業者の年間出⼒制御日数が30日に到達する⾒込みであることが報告され、指定ルール事業者は⼀律制御に移⾏することとなる。
そこで本稿では、九州エリアを中心に再エネ出力制御の見通しを報告したい。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 91 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.