洋上風力発電のポテンシャルは国内の全エネルギー需要を超える

資源エネルギー庁によれば、風力(20kW以上)のFIT認定量は、2019年6月末時点で約717.8万kW(内、洋上風力は27.7万kW)に達している。経済産業省と国土交通省は、国内洋上風力発電導入量を今後10年間で、原発10基分に当たる1,000万kW(10GW)の発電能力を確保する案を軸に導入目標を設定している。

2019年末、国内の風力発電の累積導入量は392.3万kW/2,414基、発電所数457発電所、19年単年導入量は27.0万kW/104基、発電所数17であった。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報