風力発電の環境アセス、「規模要件」見直し議論がスタート(前編)

  • 印刷
  • 共有

風力発電事業における環境アセスメントの在り方の見直しが開始された。

これは、2020年12月に内閣府特命担当大臣主宰で開催された「再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォース」(TF)において、風力発電の環境アセスに長期間を要している点、環境アセス対象となる規模要件等に関する課題が指摘されたことが契機となっている。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報