> コラム > 東京都、21年度を「非ガソリン化元年」に 自動車のゼロエミ化を推進

東京都、21年度を「非ガソリン化元年」に 自動車のゼロエミ化を推進

小池 百合子東京都知事が、都内で販売される新車乗用車を『2030年までに非ガソリン車にする』と明言したことを受け、東京都では車両購入・インフラ整備補助と気運醸成を2本柱にZEV(ゼロエミッションビークル)の普及策を急速に進める。ZEV(FCV、EV、PHV)の普及拡大におけるポイントや新たな施策、補助体制などについて、東京都環境局に聞いた。

ZEV普及にはインフラ整備が重要

温暖化対策として、『CO2排出量を2050年までに実質ゼロにする』目標を掲げる東京都。様々な方面で施策を進める中、2020年12月8日の都議会で、小池都知事が都内で販売する新車(乗用車のみ)について、2030年までにガソリンエンジンだけで動く車をなくし、全てをEVやPHV(プラグインハイブリッド車)などに切り替える方針を明らかにした。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 86 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.