> コラム > 宮古島、2050年にエネルギー自給率48.9%へ 地産地消への挑戦

宮古島、2050年にエネルギー自給率48.9%へ 地産地消への挑戦

2008年に『エコアイランド宮古島』を公布し、エネルギー自給率の向上に取り組んできた宮古島。宮古島とアグリゲーターであるネクステムズがタイアップし推進する、再エネ拡大とエネルギーの地産地消実現へ向けた挑戦について紹介する。

2050年 エネルギー自給率48.9%が目標

『エコアイランド宮古島』公布から10年、2018年に『エコアイランド宮古島宣言2.0』を発表し、“千年先の、未来へ”の標語のもと、5つの明確なゴールを示した宮古島。そのゴールの1つに掲げているのが、〈エネルギー自給率の向上〉だ。2015年にはわずか2.99%だったエネルギー自給率を、2030年に22.1%、2050年に48.9%にするという、具体的な数値目標を定めている。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 80 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.