ESG投資の加速でEVシフトは進むか 2050年、脱炭素社会の現場

  • 印刷
  • 共有

日本は、2020年10月、「2050年カーボンニュートラル」を宣言した。それを機に一気に多くの産業が脱炭素に向き始めてきた。今回は気候変動に大きな影響を受ける自動車産業、特に電気自動車(EV)にスポットライトを当て、その実情をジャーナリストの桃田健史氏にレポートしてもらった。

2030年なのか、2035年なのか?

2020年末、EVシフトに対する消費者の意識が大きく変わった。理由は、EVシフトが他人事ではなく、私事になったからだ。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報