> コラム > 2050年カーボンニュートラルで電力コストが2倍に? シナリオ分析を公表

2050年カーボンニュートラルで電力コストが2倍に? シナリオ分析を公表

2050年カーボンニュートラルへ向けたシナリオ分析の結果、参考値として設定した2050年の電源構成(再生可能エネルギー54%、原子力10%、水素・アンモニア13%、化石+CCUS23%/2050年)のケースで、電力コストが足元2020年の試算値に比べ2倍程度に増加する可能性があるとのシナリオが提示された。

このシナリオ分析は地球環境産業技術研究機構(RITE)によるもので、5月13日に開催された総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会で明らかにされた。

参考値と6つのシナリオを分析 

2020年12月に開催された基本政策分科会では、2050年における各電源構成について、議論を深めていくに当たっての参考値として「再エネ5~6割」「水素・アンモニア1割」「原子力とCCUS火力併せて3~4割」とする案が提示された。この参考値の水準の導入に向けても、

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 93 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.