> コラム > 2050年までにエネルギー由来CO2実質ゼロ IEAがロードマップ公表

2050年までにエネルギー由来CO2実質ゼロ IEAがロードマップ公表

国際エネルギー機関(IEA)は5月18日、2050年までに温室効果ガス排出実質ゼロを目指す世界のエネルギーセクターのためのロードマップ(特別報告書)を発表した。同報告書では、2050年の電源構成比に占める再エネ比率を88%、2030年までに新車販売に占める電気自動車(EV)を60%以上とすることなどを示した。

報告書では再生可能エネルギーの年間導入量について、2030年までに太陽光発電を630GW、風力発電を390GWにすることを求めた。これは2020年の水準の4倍、世界最大のソーラーパークをほぼ毎日設置することに相当するという。電力部門がクリーンになるにつれて、電化は排出量を削減するためのツールとして浮上する。電気自動車(EV)は、世界の自動車販売の約5%(2020年)から、2030年までに60%以上にする。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 81 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.