> コラム > 洋上風力産業政策の柱 日本は産業競争力強化と低コスト化で新市場を拓く

洋上風力産業政策の柱 日本は産業競争力強化と低コスト化で新市場を拓く

環境ビジネス編集部

諸外国が積極的に洋上風力の諸制度を整備し、導入促進してきた中で、国内では、導入のための実験段階であった。しかしここにきて環境が一気に整いつつある。

国は、既に一定の準備段階に進んでいる区域として11区域を選定し、このうち4区域に(秋田県能代市・三種町及び男鹿市沖、秋田県由利本荘市沖―北側・南側―、千葉県銚子市沖、長崎県五島市沖)ついては、有望区域として公募に基づく事業者選定が随時開始された。(雑誌「環境ビジネス」2021年6月15日号より)

028727-2

洋上風力発電の案件形成状況

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 92 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.