米国パリ協定に正式復帰 バイデン政権が目指す気候変動の行方

アメリカ大統領選挙で、バイデン氏がトランプ氏に勝利し、大統領に就任。就任初日にパリ協定復帰を指示するなど、精力的に活動している。大国がパリ協定に復帰したことで、気候変動対策において国際的な足並みが揃い、今後脱炭素を巡る国際的な動きはますます加速していくだろう。松下 和夫氏に今後の国際動向の行方について寄稿いただいた。

028732-2
京都大学名誉教授
(公財)地球環境戦略研究機関シニアフェロー

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報