> コラム > 中小企業にも「脱炭素経営」が求められる理由とは? 環境省が解説(前編)

中小企業にも「脱炭素経営」が求められる理由とは? 環境省が解説(前編)

環境ビジネス編集部

環境省がTCFDに沿った情報開示や、SBT・RE100の達成に向けた取組に関するガイドブックを策定、公開中だ。
ガイドの中にはサプライチェーンを通じ、脱炭素経営への転換をうながされる中小企業向けのハンドブックも。
産業構造の転換、ESG投資が進む中、中小企業は脱炭素化へ向けて、攻めの一手が求められる。

028824-2

環境省地球環境局地球温暖化対策課長

環境省が脱炭素経営のハンドブック策定

今年3月、環境省では、企業の脱炭素経営の具体的な取組を促進するため、『TCFDシナリオ分析実践ガイドブック』、『SBT等の達成に向けたGHG排出削減計画策定ガイドブック』、『中小事業者のための脱炭素経営ハンドブック』を策定、4月からWEBで公開している。すでに無料配布していた冊子『TCFDシナリオ分析実践ガイドブック』の在庫がなくなるなど、好評だ。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 91 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.