> コラム > 三菱重工エンジ、CO2回収装置をコア技術に「脱炭素ビジネス」へ攻勢

三菱重工エンジ、CO2回収装置をコア技術に「脱炭素ビジネス」へ攻勢

環境ビジネス編集部

三菱重工グループの三菱重工エンジニアリングは、2020年12月、『脱炭素事業推進室』を新設した。世界的に強まる脱炭素への動きを見据え、世界トップシェアを誇る排ガスからのCO2回収ビジネスをさらに強化。エナジートランジション分野での新規の取組みを加速させ、カーボンニュートラルへ向けた世界のニーズに応える。

高まるニーズに幅広く応える

2020年12月に専門組織として『脱炭素事業推進室』を新設した三菱重工エンジニアリング。CO2回収やエナジートランジションの分野で、カーボンニュートラルの実現に向けた世界的な動きや顧客ニーズに応えていく。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 91 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.