> コラム > キリンビールが国内4工場にPPAモデル導入 地域に合わせた再エネ導入とは

キリンビールが国内4工場にPPAモデル導入 地域に合わせた再エネ導入とは

環境ビジネス編集部

2020年2月、新たな長期戦略として『キリングループ環境ビジョン2050』を策定したキリングループ。同年11月に『RE100』に加盟、2021年2月からは、子会社であるキリンビールの国内4工場へのPPAモデルによる太陽光発電導入も開始。2050年のバリューチェーン全体のGHG排出量ネットゼロを掲げ、具体的なアクションを進める。

029049-2

キリンホールディングス株式会社
CSV戦略部・主務

キリンビール4工場へ太陽光設備

2050年を見据えた長期戦略『キリングループ環境ビジョン2050』で、〈生物資源〉〈水資源〉〈容器包装〉〈気候変動〉を重点分野としてあげるキリングループ。

全文は有料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 89 %

関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.