> コラム > 地球温暖化対策推進法が改正 そのポイントを環境省担当者が解説
第22回 環境ビジネスフォーラム~工場・ビル・施設の脱炭素化~

地球温暖化対策推進法が改正 そのポイントを環境省担当者が解説

環境ビジネス編集部

第22回環境ビジネスフォーラムの締めくくりとして登壇したのは、環境省 地球環境局 地球温暖化対策課の岸雅明氏。
『2050年カーボンニュートラルに向けた政策』と題し、脱炭素へ向けた潮流、地球温暖化対策推進法の改正、環境省の取組みなどについて講演した。

環境省 地球環境局地球温暖化対策課

環境省 地球環境局地球温暖化対策課

法改正で脱炭素への動きを促進

2015年にパリ協定が採択され、2℃目標(1.5度努力目標)に向け、世界がカーボンニュートラルに動き出した。日本も昨年10月、『2050年カーボンニュートラル』を宣言。カーボンニュートラルへの挑戦を“コストや制約ではなく、日本の新たな成長戦略”とし、地球温暖化対策計画、エネルギー基本法、長期戦略の見直しを加速する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 88 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.